「代謝」カテゴリーアーカイブ

基礎代謝を上げる

前回のところで、何もしなくても生命維持のために働いている基礎代謝がとても大切だということをわかっていただけたと思います。

 

その基礎代謝を上げるためにはどんなことが必要かを紹介していきます。

何が必要なのかというと筋肉の量を増やすことです

だからといっていきなり重いダンベルを使うなどの激しい運動をする必要はありません。

まずは使えていなかった筋肉を使えるようにするためストレッチから入るのが始めやすいでしょう。ストレッチで筋肉の柔軟性をだすことで血液の循環もよくなります。

そして簡単な運動といえばウォーキングです。少し胸を張って歩く、少し歩幅を広げる、軽く腕を振ってみるなどしてウォーキングをすると心肺機能が上がります。文字通り心臓や肺の働きもよくなり酸素を取り込める量も増えて細胞も活性化されていきます。

このように毎日でも出来る運動を続けていくと、平熱が上がる、体温が低い人でも上がりやすくなるなどエネルギー消費量も増えて基礎代謝が上がります。

しかし、せっかく毎日運動をして基礎代謝を上げているのに、暖房や冷房をきかせた部屋で長時間過ごすといったことをしていると、身体が自分で体温調整をする機会が少なくなり熱を作ろうとする機会も少なくなります。そのため21~23℃くらいで設定するのがよいと思います。

他にも少しでも基礎代謝を上げるためにできることと言えば、座る時当り前のようにすぐ背もたれにもたれるのではなく背中を離して筋肉を使って姿勢を維持してみる。もっと簡単なところで言えば、深呼吸をしたり腹式呼吸をしたりすることで意識しないと使えていない筋肉を動かしてみることです。

意識することは大事ですが激しい筋トレや運動ではなく、自分が毎日続けてできる運動から始めましょう。

体を動かすために使う筋肉には栄養が必要ですのでいろいろな種類の食べ物を1日の三食で摂りましょう。

 

基礎代謝

前回は栄養素を使って身体を作ってくれている新陳代謝のことを書きましたが、今回はエネルギーを使って身体(脳、筋肉、内臓など)を動かしている代謝の話をしていきます。

 

人間は、寝ころんで動かずじっとテレビを観ている時や寝ている時、安静にしている時でも、止まることなく行われている呼吸心臓の拍動、体温一定に維持するなど、意識しなくても生命を維持するために必要な活動が行われています。その生命維持に必要な最低限のエネルギー代謝量のことを基礎代謝といいます。

1日に消費される総エネルギー量は、基礎代謝と身体を動かすため(スポーツ、仕事、家事など)の代謝、食後の栄養素の分解や吸収に必要な代謝を合わせたものが含まれます。そのうちの約7割をしめるのが基礎代謝量といわれます。何もせず生命活動を維持するために必要な基礎代謝がこれだけ多くのエネルギー消費をしていることに驚きます。

成長期が終わった成人の1日に必要な最低限のエネルギー量は、男性で1500kcal、女性では1200kcalです。

基礎代謝は年齢や性別、栄養状態、筋肉量などから個人差があります。その中でも成人の方においては筋肉量の違いが基礎代謝の消費量を大きく変えます。同じ身長、同じ体重というように背格好は似ていても筋肉量が多い人の方が基礎代謝が高くなります。基礎代謝が上がれば何もしていなくても使われていくエネルギー量が増えます。

ですから、食事の制限だけをして痩せることは身体にとってよくありません。基礎代謝を上げることで太りにくい身体を作ることが出来ます。

痩せるためには食べないことと考えている方は間違いですよ!食べることも必要なんです。

 

骨盤調整、ストレッチ、

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443 http://finestretch.com/

 

 

代謝 新陳代謝

代謝とは、食べ物や飲み物などを体内に取り込んでその栄養素を使って身体を作る(合成)こと、体内のエネルギーを使って筋肉・脳・内臓など身体を働かせたりすることです。

 

新陳代謝というのは今ある古いものが新しいものに入れ替わっていくことをいいます。これは身体を作っていく、合成していく方の代謝です。

細胞が新しいものに生まれ変わるまでの期間は臓器・筋肉・皮膚・骨など場所によって違いますが、3ヵ月くらいですべての細胞が生まれ変わっています。

細胞が生まれ変わるという新陳代謝は人間の身体には必ず必要なものであり、この新陳代謝が正しく行われていなければ臓器・筋肉・皮膚・骨などの病気や体調不良になってしまいます。

その体内で起こっている大切な新陳代謝を上げるためにはビタミンB2を摂ることです。納豆、ほうれん草などありますが、よりよく代謝を上げていくには野菜、肉、魚など、なんでもよく食べること。偏りなくできるだけいろいろな種類のものを食べること。その中に、生姜やキムチなどを摂り入れると、汗もかくことが出来て血液の循環もよくなるといった効果もでてきます。

 

健康意識が高まり患者さんの中でも身体を維持するために散歩やストレッチをしたり、スポーツジムに通っているお話を聞かせてもらいます。

気持ちよく運動するためにも、病気をしないためにも偏食にならないよういろんな種類の食べ物を摂り入れましょう!