冷え性 食べ物

冷え性と食べ物

食べ物は冷え性と深いかかわりを持っています。体を温める物、冷やす物、どちらでもない物がありますので冷え性だと思われる方は積極的に体を温めてくれる食べ物を摂っていきましょう。

体を温めてくれる食べ物

冷え性の改善につながる体を温める物は、寒い場所で採れる物や冬に採れる物が多いです。

野菜…ニラ、ネギ、かぼちゃ、人参、ごぼう、れんこん

果物…あんず、もも、さくらんぼ

肉・卵類…豚肉、鶏肉、卵、ハム、ソーセージ

魚介類…いわし、鮭、エビ、アナゴ、ナマコ

穀物、イモ類…山芋、こんにゃく

種実、豆類…小豆、黒豆、梅、クルミ、栗

調味料など…しょうが、唐辛子、ニンニク、山椒、ゴマ、味噌、醤油

他…紅茶

 

これに対してたくさんとり過ぎないようにしたい食べ物は…

体を冷やす食べ物

身体を冷やす食べ物は暖かい場所で採れる物、夏に採れる物です。

野菜…きゅうり、なす、とうがん、セロリ、レタス、白菜、もやし

果物…スイカ、メロン、びわ、ゆず、みかん、バナナ

魚介類…わかめ、昆布、ひじき、のり、カニ、シジミ、あさり

種実、豆類…うどん、小麦、大麦、米

調味料…添加物、ラード、

他…たばこ、チョコレート、お菓子、砂糖、お茶

 

食べ物に含まれるビタミンや鉄分にも冷え性改善の効果があります。

ビタミンB1

体内の糖質を燃やしてエネルギーを作り身体を動かすことで体の熱を作り出してくれます。

ビタミンB5

ストレス対抗のビタミンとも言われ自律神経を安定させてくれるためストレスからの冷えにはこれが重要です。

ビタミンC

鉄分の吸収をよくする、毛細血管の働きをよくする、抗ストレスホルモンの生成に働くことで体温を保持する。

ビタミンE

血管を若々しく保ち血行をよくする、毛細血管を広げる、血液をサラサラにするといった効果があるため身体を温めてくれます。

鉄分

血液から酸素を運んでくれるヘモグロビンの成分であり、貧血や体力不足を補ってくれるので体温の低下を防いでくれます。

 

身体が温まる食べ物として代表的な生姜は血液の循環をよくして体温を上昇させて発汗作用の促進をしてくれます。海外では味わって食べるというよりも薬として使われることの方が多いそうです。

 

冷え性 症状とタイプ

今日は冷え性の症状とタイプについてお話します。

手足が冷たいから冷え性と思っている方、冷え性の症状はそれだけではありません。

 

症状

・血管が縮み血液の循環が悪くなることで頭痛やひどい肩こりで悩んでしまう

・体温調節をしてくれる自律神経の働き鈍くなっているため免疫力が落ちるため身体の冷えとともにお腹が冷えて下痢や腹痛をおこしたり、風邪をひきやすくなったりする

・冷えている部分を意識してしまい集中力ややる気が低下する

・皮膚に出き物ができたりして肌荒れがおこる

自律神経の働き弱いため消化液をうまく出せなくなり胃もたれをおこす

・毛細血管が縮むため血液によって酸素が運ばれる量も少なくなり身体がだるくなる

・手足が冷えることでなかなか眠りにつけずストレスを感じる

手足が冷たい状態が続くとこのようにいくつもの症状がでてくるのでひどくならないように身体を温める意識を持っておきましょう。

 

前回お話したように冷え性の原因となるものはいろいろありますが、次のようなタイプが多いです。

自律神経の失調

自律神経は人の内臓、血管などの身体を一定に保っていく働きをもち、汗をかくなどして体温を調節したり、内臓の動きや目の動きなども調整しています。そのため、自律神経の働きが乱れると、疲れがとれない、イライラしてしまう、胃がもたれる、肩がこるなどの様々なことも起こります。

鉄分の不足

女性に多いですが、ダイエットなどで食事を極端に減らしたりすると鉄分不足になります。これを続けていくと貧血をおこし冷え性になりやすい状態になってしまいます。

貧血は血液の赤血球が少ない状態ですので、これが少なければ酸素を全身に運ぶ量も少なくなります。すると運動してもすぐ疲れたりするため身体が十分に温まるような運動ができない、運動不足になる、手足が冷えるといったことが起こります。

 

身体に熱を運んでくれる血液。それを通す血管の動きを調整している自律神経と血液の成分である鉄分が冷え性にとっては重傷なポイントとになると言えそうです。

 

冷え性

冷え性

手先、足先がなかなか温もらないのに身体の他の部分は温かい状態にあります。

外の寒さに体が反応して毛細血管が縮みます。その縮んだ毛細血管が長時間もとに戻らず血液が流れないために熱が運びきれていないのです。遠い場所にある手先、足先まで暖かい血液が行き届きにくくなることで冷たくなっていきます。

 

なぜそうなるのか?普段からの生活習慣の中で以下のことに当てはまるものはありませんか?

衣服は?

とくに女性は体にぴったりした窮屈な服を着ている方が多いです。着る服に強い圧迫力はありませんがそれでも毛細血管へ血液を運ぶ妨げになっています。ミニスカートや薄着のファッションも当然身体を冷やします。

食生活は?

ファーストフード、チョコレート、などのお菓子。これらは冷え性の方にとっては逆効果になる食べ物です。

機器に頼り過ぎ?

人間の身体には季節や気候に応じて体内の温度を調節してくれる機能があります。

エアコンなどに頼り過ぎてしまうと体温調節をしてくれる機能が鈍くなり、冷たい寒いといった感覚の情報も伝えられにくくなります。そうなると身体を温める血液を送るための命令が脳から発信されにくい状態になり自律神経がうまく働いてくれません。

運動は?

運動不足は身体の代謝をさげてしまい、血液の循環が悪くなっていきます。

 

服装に関しては男女の差がありますがそれ以外はどれも当たり前のようにしてしまっているという方、多いのではないですか?朝晩の冷え込みを感じるようになりましたが冬はこれからです。冷え性から体調を崩してしまったなんてことがないように気を付けて過ごしていきましょう!

 

続きはまた次回にします。

 

 

ストレートネック 2

前回お話したストレートネックになる理由に続き、今回はその対策です。

 

パソコン作業で同じ姿勢を続けると同じ筋肉だけが働き続けます。するとその筋肉は硬くなり動きにくくなって生理的な前方へのカーブを失くしたまま首の動きが悪くなって様々な症状が出てきます。

自宅であぐらをかいて画面をのぞき込むような姿勢で長時間動かずかたまったままパソコンを続けるなんてことはもってのほか。

 

生活習慣の見直しがとても重要です。姿勢を正そうと背すじを伸ばすだけでは頭が前に出てパソコンの画面をのぞいている状態は変わらず首への負担も残ります。つらくなってその姿勢もすぐに崩れていきます。パソコンに向かう時の環境づくりから変えていきましょう!

見ている画面の高さを変える、使っている机や椅子の高さを変える、お尻に座布団を引くなどをして自分の目線に合うように高さに調整します。

目線を上げることで画面をのぞき込む姿勢をなくし首の骨の生理的なカーブを保ちます。そうすれば頭の位置を保つために働く首や肩周りの筋肉への負担も少なくなります。

一時間おきにストレッチなど一時間おきにストレッチして体を動かす。筋肉が硬くなって伸び縮みしにくくなる前に動かしてあげることで血行もよくなり動かしやすさを取り戻します。

痛みが落ち着いてきたら首を温めて血行をよくすると自然治癒力も向上します(痛みがはっきりある場合は炎症がおこっているため温めないでください)

首だけではなく体の支柱を作る背骨、骨盤を含めた生理的なカーブを保つため土台となる骨盤から動きを変えることも必要です。

 

ストレッチをしてくださいと言われてもどこをどうすればいいのかわからないという方が多いと思います。当院では骨盤の調整や自分でできるストレッチの指導を含めた治療をしていますので一度ご相談ください。

 

 

ストレートネック

ストレートネックと言われた、聞いたことがあるという方、増えていませんか?

首の骨は自分よりも大きくて重い頭を支えてバランスをとっています。うつむいたり、上を向いたり、頭を横に倒したり、振り向いたりと幅の広い複雑な動きをしています。

生理的な弯曲を作り前方へ柔らかくカーブしていて、地面からの衝撃を吸収するなどの役割をもちます。他にも脳に栄養を運ぶ動脈や静脈そして脊髄を通すといった大事な役目もしています。

 

ストレートネックとは首の骨の生理的な前方への弯曲(カーブ)が少なくなる、あるいはないという状態でパソコンの普及とともに増えています。これは一度の怪我や衝撃を受けてできるものではなく繰り返しの積み重ねで出来上がってしまった結果です。

長時間同じ姿勢でまったく動かないようなデスクワーク。仕事に限らず学生さんや主婦の方でも誰もがパソコンをよく使っています。今ではパソコンを使わない仕事を探すほうが難しくなっているでしょう。

机に置いたパソコンの画面は自分の目線よりも低い位置にあり、画面を見るために顔を前に出して覗くような姿勢を作ってしまいます。その姿勢が日常的に繰り返し続けられていくと首の骨の前弯(カーブ)が減少していき背中が丸くなっていきます。さらに脚を組んだりして長時間作業をしていると骨盤にも歪みがおこりどんどん姿勢を悪くしてしまいます。

ストレートネックは首だけの問題ではありません。その下にある背骨や骨盤の生理的な弯曲(カーブ)も崩れてしまいます。

 

生理的な前方へのカーブがなくなると肩こり、めまい、手のしびれ(症状が強いとヘルニアかも)、頭痛、上を向きにくいなど様々な症状を伴います。そうなる頃には頭を支えることでさえも首の骨や筋肉への負担が大きくなります。

 

これらの症状を改善するには何が必要か?また次回にお話しします。