お酒の飲み方

忘年会シーズンお酒の飲み方に気をつけましょう!

 

この時期あっちからもこっちからも忘年会を誘われて休日の予定が埋まってきているという方が多いと思います。楽しくお酒が飲めるのはいいことですが、体調を壊さない飲み方も身につけておきましょう。

 

肝臓を休める日をつくる休肝日をとるのもいいことだと思いますが、体を壊さないお酒の飲み方で大事なのは一週間や一日の適量を知っておいて守ることです!もちろんアルコールが全く飲めない方もいますので一般的なお話です

 

お酒が強い人=肝臓の機能が強いというわけではありません。

肝臓が作り出すアルコールの分解能力が人それぞれ違うためにお酒が強い人と弱い人がいます。弱い人はまず身体を壊すほど飲めません。それに対して強い人は大量に飲んでしまうので肝臓を働かせ続けてしまい負担をかけて痛めてしまいます。

 

体を壊さないお酒の量は…

日本酒なら1日2合、一週間なら14合まで。

ワインなら1日グラス2杯。

ビールでは1日に中瓶1本まで。

この量なら身体に悪影響を与えることはありません。

適量のアルコールなら摂取すれば体によいこともあります。血液中の善玉コレステロールを増やして動脈硬化の進行を抑えてくれるほか、運動不足や肥満から来る糖尿病予防、血圧を下げるという効果があると言われています。

あくまでも適量を守った場合ですので、何杯も飲んでしまう方は飲みたい日は飲んで休肝日をつくる方がよいと思います。休肝日を作っても一日で多量のお酒を飲むと脳卒中のリスクを高めてしまうことにもなります。

 

休肝日を含めての一週間で総飲酒量をコントロールしましょう!!

 

 

冷え性 冷え対策

手足の冷たさを気にせず温もりを感じてリラックスできる時間といえばお風呂ですね。お風呂もそうですが今回は冷え対策を紹介します。

 

お風呂での温まり方

面倒くさいからと言ってシャワーですませている方は体の芯まで温もりませんし、表面も温もっていないことがあります。

お風呂につかれば、冷たくなって縮んでいた血管が広がり血行がよくなって全身が温まります。

寒いからお湯を熱くして入りたいと思いがちですが、これでは体の芯からは温まりません。熱いお湯では長時間入ることができないため体の表面しか温もらず、すぐに湯冷めしてしまいます。

ぬるめのお湯だと長い時間でも入ることができるため40度くらいがいいと言われています。

好きな香りがする入浴剤をいれてゆっくりお湯につかるなど工夫してみるのもいいと思います。入浴剤にもいろいろ効果がかかれているのでリラックスできる好きなものを選びましょう。

お風呂を出たらすぐに髪の毛を乾かして靴下をはいて体のぬくもりを保ちましょう。

足湯をするだけでも体の温もり方が違ってきますよ。

 

暖かいものを身につける

手や足の他にお腹が冷えている方も多いと思います。手足には気を使ってしっかり温めているのに体の冷えた感覚が残っている。そんな方は生姜湯や暖かいものを飲んだり食べたりして体の中から温めること、そして腹巻をしてお腹を温めてください。

マフラーなどで首を温めましょう。首は重い頭を支えることで筋肉が硬くなりやすいため血液の流れも悪くなりやすい場所です。首は脳へ血液を送る大事な場所ですので暖かくして血行を良くしていきましょう。

肌着を着たうえで重ね着をすると体の保温効果が高くなります。

足にある血液は心臓へ戻りにくく循環が悪くなりやすいため、絞めつける靴や靴下はやめて保温性の高い靴下をはきましょう。

 

以上のように防寒として物に頼ることも必要ですが、自分で体の熱を作っていくこともとても大切です。じっとしているよりも手や足の指、手首、足首を動かしたり、ラジオ体操をしてみたり、ウォーキングをするなどして運動することで体内の熱を上げることもしていきましょう。

 

普段からの私生活を考えて、食生活や運動で冷え性を改善していきましょう!