腰椎椎間板ヘルニア 症状

前回は腰椎椎間板ヘルニアの原因と若い人にでも発症することをお話しましたが、今回はその症状についてお話していきます。
症状の出方や場所は人それぞれ違いますが次のようなことを感じたことはありませんか?

・立ち上がりや歩行困難になるくらいに腰から足までの範囲に痛みを感じた
・咳やくしゃみをしただけなのに腰から足までの範囲に激痛が走るのを感じた
・お尻から太ももの裏にかけて痺れを感じた
・椅子にもたれかけようと体を丸めたら痛みが走った、伸ばすと痛みが軽減した
・歩くだけで腰から足にかけて痺れるような痛みを感じた
・長時間立っていたり、座っていることがつらく苦痛を感じた

などヘルニアの場所や大きさの程度にもよりますが、激しい腰の痛み・痺れ加え、筋力低下・冷感といったものまで出てきます。

強い症状になると下肢の感覚障害や運動障害、立ち上がりや歩行困難、排尿障害もでたりします。
また、以上のような明らかな症状が出ていなくても、不調を感じてMRIを撮ってもらったらヘルニアがあると言われましたという人はたくさんいます。
いまは症状がなくても椎間板が変形を起こしている時点で、日常の動作や姿勢の積み重ねがそれだけの負担となってヘルニアができてしまっているんですね。

椎間板ヘルニアのためだけの予防ではなく、健康な身体を維持していくために普段から姿勢を気にかけるようにしてください。

あぐらをかいて長時間すごしてませんか?背中が丸くなっていませんか?左右の肩の高さが違っていませんか?…。

そういえば前にも同じような痛みや不調を感じたな、といったことがあればご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニア

腰が痛くなって来院された患者さんから「ヘルニアですか?」と心配そうに聞かれました。

 

この方にはそれらしい症状は見られませんでしたが、ヘルニアは腰痛を知らない人でも聞いたことはある言葉だと思います。それだけヘルニアと診断されている方が多くいるということですね。テレビでも取り上げられることも多いです。

 

ヘルニアという言葉には飛び出る(出す)・脱出するという意味があり、本来あるべき場所から飛び出る=ずれている状態のことを言います。

 

椎間板は背骨と背骨(首から骨盤まで)の間にある軟骨で、中心にあるゼリー状の髄核とそれを外側からドーナツ状に強靭な線維軟骨が覆っています。これが形を変えて体にかかる衝撃や負担を吸収してくれているのです。

 

原因の一つには老化現象(加齢)があります。椎間板は年齢を重ねていくと徐々に弾力性が失われていきます。弾力性がなくなってくると衝撃に対する柔軟な対応もできなくなり、耐え切れなくなって外側の線維にヒビが入ります。

この繰り返し積み重ねられる衝撃が吸収しきれなくなってきた時、中心にある髄核が線維を徐々につきやぶり飛び出てしまったり線維の一部が変形して膨らんだりすることで神経を圧迫してしまい嫌なつらい症状が出てきます。

老化現象も大きな原因となりますが、柔軟性がある強い椎間板であったとしても毎日重い荷物を運んでいる、筋トレやスポーツで体を酷使しているなど、椎間板が持つ機能以上の使い方をすれば若い人でもヘルニアになります。

そのため年齢や性別を問わず老若男女に発症します。10代の学生さんでもヘルニアと診断されても珍しいことではありません。なかでも特に20~30歳の男性に多いです。

 

痛みは2、3日でひいたから大丈夫だと放っておくと、実はヘルニアだと診断されたなんてこともありますので、

痛みを軽くみないで治療することを優先していきましょう!

次回は腰椎椎間板ヘルニアの症状を書きたいと思います。

 

腰を突き出した姿勢

荷物を運ぼうとして腰痛を起こしてしまった方が「太って来たからかな…」と心配されたていました。

それはお腹が出て見えるが実際にはそれほど太っているわけではなく、腰が反りかえり顔とお腹が前に突き出ているために太って見えているんです。

お腹や腰周りの筋肉が弱いため長時間同じ姿勢でいるとその状態を維持している筋肉がすぐに疲れてしまう状態です。すると筋肉だけでは支えられず腰を前に出し、筋肉から骨に体重をあずける癖がついてしまっているんですね。

 

硬く弱い筋肉をしっかりと伸び縮みができて強い筋肉にかえていくことはもちろん必要ですが、腰を前に出してしまう癖がつく頃には関節をつくっている骨の動きも悪くなっています。

筋肉の動きを十分に引き出すにはまず関節の動きをよくしていくことが必要です。

関節の動きがよくないと姿勢も崩れて体の使い方も変えてしまうため、あとあと痛みとして出てくることになってしまいます。

 

痛みを感じる方には治療が必要です。姿勢の基礎をつくっている骨盤、そこにある仙腸関節の動きをかえていきましょう!

 

 

寒さ続きで…

空気が乾燥する寒い日が続いていますね。

インフルエンザも流行ってきているというお話も聞きますが、みなさんは風邪をひかないために何か対策はされていますか?

基本的な手洗いうがいくらいは毎日必ずしておきましょう!

 

冬になって寒くなるのは当然ですが、この時期は体を温めるために何枚も重ね着をしたり、冷たい風に少しでもあたらないようにと体を丸めていたりして無意識ではありますがついつい力が入ります。何をするにしても必要以上に力を入れて動作をしてしまうため筋肉が硬くなったり、関節を痛めたりしやすくなります。

そのため患者さんのなかでも首や肩、背中にかけて、痛みやつらい症状をうったえて来院される方が増えています。

自分の背中が丸くなっていることに気づいたら伸ばすということくらいはみなさんされていると思いますが、聞けばストレッチや体操をしている方はあまりいません。

 

背中が丸くなっている状態は左右の肩甲骨が外側へ離れている状態です。そのため左右の肩甲骨を背中側でしっかり寄せることを意識すると胸も張れるようになります。

前側に丸くなっている縮んだ体を起こし背中を伸ばします。両腕を前から挙げていき上まで挙がれば横へ下ろしていくように大きく回します。息を止めて頑張り過ぎないように注意し、肩甲骨もしっかり動いていることを意識しながら体操するだけでも変わってきます。思いついた時に腕を回して肩甲骨が動きやすい状態を保ちましょう!

 

ストレッチや体操はいろいろありますが、自分がやりやすく感じるものや簡単にできることから始めると三日坊主にはなりませんよ。

 

 

お正月太り

今年は雪から始まりとても寒いお正月となりました。

家で寝正月を過ごした人、コタツでテレビやDVDを観て過ごした人など、美味しいものをたくさん食べてあまり動くことなく休みが終わってしまい気づけば体重が増えていたという方が多いのではないですか?(私もその一人ですが…)

 

コタツに入り手を布団の中に入れて体を丸めて座ったり、横になったりして長時間同じ姿勢でいるとその悪い姿勢を体が覚えてしまいます。すると十分に動かすことができない筋肉ができたり、動かない関節ができたりしてバランスが崩れていきます。

寒さのあまりついつい体を丸くして肩が前に入りがちで過ごしてしまう時間が多くなります。そのため鎖骨側が圧迫されてその周りを通る神経や血管を圧迫してしまい血行が悪くなって腕や肩の動きも悪くなっていきます。

お鍋やすき焼き、カニなど美味しいものを食べて栄養はたっぷりなのに、悪い姿勢のまま体がうまく使えず運動によるエネルギー消費が少なくなることでお正月太りになってしまうんですね。

 

丸く固まった体をストレッチ体操などでほぐし使いやすくして代謝をあげてお正月太りを解消していきましょう!

 

悪い姿勢は代謝を下げるだけでなく、体の使い方を変えてしまうため負担のかかるところに痛みを出してしまいます。時々、鏡をみて自分の姿勢をチェックしましょう。

丸くなった肩や背中を起こすだけでも意識することで正しい姿勢に近づけますよ。