むくみ解消のために

脚のむくみの多くは血液を送り出す心臓の筋肉の働きが弱くなったり、運動不足による脚の筋力低下、とくにふくらはぎは血液を心臓に送り返す際にとても重要な役割をしているため筋力が低下すると血液が戻りにくくなり、血液中の水分が停滞しておこります。一過性のことが多いため一晩寝るとおさまる程度なら問題ないと思われます。

 

前回にも書き込んだようにむくみは生活習慣の改善と適度な運動などで解消されるものもあります。自宅で出来る、自分で出来る解消法は?

 

お風呂に入って温まり全身の血行をよくする。体を洗う際に石鹸などをつけて足首から膝の方へ軽く圧を加えながら手でふくらはぎを持ち上げるように、そして膝上から脚の付け根に向かって軽く圧を加えながら心臓へ血液を送り返すようにする。

・塩分の高いものばかりを好んで食べず、偏食をなくすこと。日本の食文化としてお味噌汁を毎日飲むだけでも塩分をたくさん摂りやすい状態になっています。むくんでいるなと思ったら利尿作用があるウリ科(スイカ、きゅうり…)やトマトなどの夏野菜、カリウムを含むリンゴやバナナ…、ビタミンB1を含む豚肉などの料理を食べましょう。

同じ姿勢を長時間しないこと。座りっぱなしのデスクワークや立ちっぱなしの接客販売など、1日を通して動きが少ない人はトイレに行きたくなくても席を立ってトイレに行ったり、どこかで体操をしてから席に戻るなど姿勢や動きを変えることが必要です。使えていない筋肉を大きく動かしてあげましょう。

その場から離れられない場合は座りながらつま先を上げたり踵を上げたり、立っている人も同じようにつま先を上げたり踵を上げてつま先立ちをしたり、ふくらはぎの筋肉を動かしましょう

筋肉が収縮することで静脈にある血液を押し上げ心臓へ送り返しやすくなります。

脚のストレッチをする。ストレッチをすることで筋肉が動きやすい・伸び縮みしやすい状態をつくると血液が心臓に返りやすくなります。

・女性の方ならストッキングを履いて脚を圧迫してあげるのもよいでしょう。

 

その他、むくみには肝臓病、妊娠中毒、腎臓病、心臓病、血管やリンパ管の障害、下腿静脈瘤、リンパ管を切除するような手術をしたなどの病気が原因のものもあリます。

顔や足の特定の箇所に短時間でている内はよいですが、長時間むくむ場合や身体全体がむくむ場合には診療を!

 

 

肝臓・腎臓・心臓の病気や血管の障害による下腿静脈瘤などの一過性以外のむくみであっても、上記のようなことに気をつけて行うとむくみの程度は軽減されますので実践してみてください。

 

 

ファインストレッチ整骨院 http://finestretch.com/

 

なぜむくむの?

前回お話した通りむくみとなって現れている水分は身体に必要なものですが、むくんでしまうと脚が重く感じたり動きにくさを感じたりして嫌な違和感を覚えてしまいます。

 

ではなぜむくみとなって余分な水分が溜まるのでしょうか?

 

・インスタント食品などの塩分のとりすぎ

体内に余分な塩分が入ってくると脳は体内の塩分濃度を一定にしようと身体に働きかけます。

そのため塩分濃度を薄めるように水を貯えようとします。そして貯えた水分が血管外に出て行き細胞の周りに残ってしまいます。塩辛いものを食べた後に水がほしくなりたくさん飲んでしまうのはそのためです。

・座りっぱなし、立ちっぱなし。

長時間同じ姿勢でいることで水分が一定のところに溜まってしまう。夕方、夜になるとだんだん重力で水が足の方に溜まりやすくなる。朝顔がむくんでいるのは重力で全身に水が均等に分配されるからという理由もある。

1日中同じ姿勢を続ける仕事。接客、販売、レジなど立ち仕事、デスクワーク…

冷え、血行不良など。

冷えにより血液の循環が悪くなり、筋肉の疲れ、ストレスなどによる筋肉の緊張も血行不良を引き起こすため余分な水分が残ってしまいます。

 

・ビタミン、ミネラル、タンパク質の不足

カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルやビタミンB1、タンパク質が不足すると身体のむくみに影響してきます。

にむくむ人は喉が渇いて冷たいものをがぶ飲みしているからという理由もあるかもしれません

 

以上のようなむくみの原因は生活習慣を振り返って改善できるものもあります!

 

また、女性は男性より筋肉量が少ないため基礎代謝も少なく、足からの血流も心臓に戻って行きにくいためむくみの訴えが多いです。きつい下着をつけて体を絞めつけることも血液循環を悪くするためむくみを起こしやすくなります。また月経前の1週間くらいはホルモン濃度の関係でむくむ人が多くいます。

 

むくみと言えば男性よりも女性の悩みとして頭に浮かんでくるのはこのことがあるからなんですね。

 

 

 

むくみ

寒いからブーツを履きたいんだけど、朝は簡単に履けても脚がむくんで夕方とかになると窮屈で履きづらいから…と話している方が多くいますね。

 

脚のむくみのなかでもっとも多いのは一過性のものです。これは病気ではありませんが放置していると脚の疲れがとれず免疫力を低下させてしまいます。

 

むくみとはどうなっていることを言うのでしょうか?

血液の一部の水分(組織液)が血管の壁を通って外へ出ていき、その余分な量が脚や手、顔などの皮膚の下に残っている状態です。

この余分な水分は身体にとって悪いものではなく、心臓から送られる血液に含まれた酸素や栄養素を体のすみずみまで運んだり、二酸化炭素や老廃物を回収して静脈やリンパ管へ戻って行くという身体にとって必要な役割をもっています。

静脈やリンパ管の流れがわるくなると行き場をなくした水分が血管の外の細胞の間に停滞して正常な量よりも多くなった時にむくみとなって現れます。

何かの原因でむくみとなって現れる水分の量が多くなるか、静脈やリンパ管に流れる量が少なくなるか、その水分を送り流す静脈やリンパ管に問題があればむくんでしまいます。

 

ではその原因には何があるのでしょうか?また次回にお話します。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア 運動

一度ヘルニアと診断された椎間板が弾力性に優れた強い正常な軟骨に戻ることはありません。

放っておくと体のバランスが崩れたまま腰椎や椎間板に負担をどんどん積み重ねてしまいます。

それに対して自分で出来ることと言えば、使っていない筋肉を強くすること、使いやすくすることですね。

ヘルニアに限らず腰痛を経験している人は、まず腰周りや下半身の筋肉を強化して体を支えるものから安定感を作ることが必要です。

 

激痛が走るような急性期には安静が一番ですが、少々我慢すれば日常の動きができるというくらいの痛みになれば運動療法を始めていくべきです。

とは言っても、筋力強化のためにいきなり頑張ってバーベルを上げるのではなく、簡単に出来るウォーキング、ストレッチ、腹筋運動など負担のかからない軽いものから行いましょう。

ウォーキングなら短い時間・距離から、ストレッチは捻り過ぎたり伸ばし過ぎないように、腹筋運動なら腹式呼吸からというように。

中でも水中でのウォーキングがお勧めです!とくに急性期から抜け出したばかりの時はこれから始める方がよいですね。

地上でのウォーキングより腰への荷重・負担が少ない上に水を押しのけて歩いていくため筋力もしっかりと使えます。プールに入るために水着に着替えなければならない面倒くささはありますが、水中では浮力があるため体に優しく筋肉もしっかり使えるという一石二鳥の効果が得られますよ。

あとは痛みと相談しながら距離や負荷を上げていくとよいでしょう。

 

運動時の細かい注意点などは治療と一緒にお教えしていきます。