熱中症

梅雨らしい雨が続いたと思ったら一転して真夏の陽気になり、そして次は台風…と気温や気圧・湿度の変動に身体がついていかず、体の痛みを強く感じたり、体調不良を訴える方が多いです。

梅雨が明ける7月から8月にかけてはとくに気温が上昇するため熱中症になる方が増える時期になります。テレビなどでもよく熱中症の話が出てきていますよね。

炎天下の日に外へ出るから、激しい運動をするから熱中症になるというものではなく、室内にいても暑い時にはいつでも起こる可能性はあります。日が当らないから窓だけ空けておけば大丈夫という事はありません。我慢して暑さに耐えようとせずエアコンも利用しましょう。

体から出ていく水分は目に見える汗だけではなく蒸発している部分も多くあります。飲むとトイレが近くなるからあまり飲みたくないというのは危険です!

体内の水分を一定に保つため出て行った水分と同じだけ取り入れるように心掛けましょう。

最近はスーパーでもたくさん置かれていますが、ただの水ではなくミネラルの入ったスポーツ飲料や経口補水液を用意しておくことがよいでしょう。

もし気分が悪くなり、めまい、吐き気、頭痛、嘔吐、など熱中症かと思ったら、涼しい場所へ移動し、首や脇の下、股関節、手首、足首などを冷やすようにしてください。

関節など体の痛みもつらいですが、熱中症で倒れてしまっては何もできません。

猛暑日や熱帯夜という日もこれからは増えてきますので体調管理も気をつけてください。

整体、骨盤調整、ストレッチ

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443