「整体」タグアーカイブ

熱中症

梅雨らしい雨が続いたと思ったら一転して真夏の陽気になり、そして次は台風…と気温や気圧・湿度の変動に身体がついていかず、体の痛みを強く感じたり、体調不良を訴える方が多いです。

梅雨が明ける7月から8月にかけてはとくに気温が上昇するため熱中症になる方が増える時期になります。テレビなどでもよく熱中症の話が出てきていますよね。

炎天下の日に外へ出るから、激しい運動をするから熱中症になるというものではなく、室内にいても暑い時にはいつでも起こる可能性はあります。日が当らないから窓だけ空けておけば大丈夫という事はありません。我慢して暑さに耐えようとせずエアコンも利用しましょう。

体から出ていく水分は目に見える汗だけではなく蒸発している部分も多くあります。飲むとトイレが近くなるからあまり飲みたくないというのは危険です!

体内の水分を一定に保つため出て行った水分と同じだけ取り入れるように心掛けましょう。

最近はスーパーでもたくさん置かれていますが、ただの水ではなくミネラルの入ったスポーツ飲料や経口補水液を用意しておくことがよいでしょう。

もし気分が悪くなり、めまい、吐き気、頭痛、嘔吐、など熱中症かと思ったら、涼しい場所へ移動し、首や脇の下、股関節、手首、足首などを冷やすようにしてください。

関節など体の痛みもつらいですが、熱中症で倒れてしまっては何もできません。

猛暑日や熱帯夜という日もこれからは増えてきますので体調管理も気をつけてください。

整体、骨盤調整、ストレッチ

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443

梅雨

梅雨に入り体調管理が大変な時期となりました。気分がすぐれない、体調を崩しやすい、身体のあちこちが痛いなど不調を感じやすくなりますね。

人間の身体は温度や湿度・気圧など外部の環境に左右されないように、自律神経が体温を一定に調整するなど体内の環境保つ機能があります。

しかし、梅雨の時期は温度や湿度・気圧すべてが急激に変化しやすく不安定な天気が続くため体は適応できなくなります。

雨が降ると気温は下がり、晴れたと思ったら急に上昇、そして朝晩は冷え込むためこの不安定な繰り返しで自律神経のバランスが乱れて体調が崩れやすく、痛みも感じやすくなります。

体の中ではヒスタミンが増加して血圧が下がり、血管が拡張し、血管から水分などが周りに出やすくなることで細胞が膨張、その間を通る神経に負担をかけて痛みにも過敏になってしまいます。

 

睡眠をとる・運動やストレッチをするなど、リラックスして自律神経のバランスをよくする。

少ない晴れの日には外へ出て気分転換する。

温度差にそなえて出かける際は薄い上着を持っていくなどする。

お風呂に入って血行を促進、水分補給もして疲労物質を流し出す。

これらのことをするなどして梅雨を乗り越えましょう!

 

体の痛みの場合は当院へご相談ください。

 

ファインストレッチ整骨院

0742-316443

 

そのうち治るだろう…

日差しも強くなり気温30℃を超える真夏日が当たり前のようになってきましたね。

衣替えを考えている方、始めた方も多いのではないでしょうか?

そんな時に腰を痛めてしまって…と当院へ来院されました。

たいしたことないだろう…そんな気持ちでいたらひどい事になってしまった。そんなお話をよく聞きますし、経験されている方も多いでしょう。

腰に和感を感じていたが、15年ほど前に一度強いぎっくり腰をしたきりだったので、たいしたことないだろうと放っていたら、立ち上がるだけでも冷や汗をかくほど痛みが強くなってしまった。それから病院で注射をしてもらうと痛みが消えたのですが、数日してまた強い痛みが出てきた。そしてまた注射してもらったが今度はなかなか痛みが引かないのです…と我慢を重ねてからの来院でした。

注射をして痛みがひいたらその時は楽になったと感じて安心してしまいますが、痛みを起こしている原因が変わらなければすぐに再発してしまうのは当然です。

関節の動きや姿勢・体の使い方が変わらなければ、また同じ痛みの繰り返しが続きます。

スポーツや運動を頑張り過ぎているのか、姿勢が悪くなっているからなのか、運動不足で体の動かし方が少な過ぎるのかなど、いずれにしても関節の動きが十分でない状態が原因としてあります。

当院では体の軸となる背骨やそれを支えている骨盤の関節から動きを十分に出していき姿勢や全体の動きを改善することから始めていきます。

まだ若いから大丈夫なんて保証はありません。

あれ?おかしいな…と痛みや不安を感じたらご相談ください。

 

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443

脱水症

最近は寒暖差が大きく朝晩は少し肌寒いくらいですが、日中は真夏日となる日も出てきました。

これからは脱水症にならないように注意しましょう。

夜中にトイレに行きたくないからという理由で、寝る前に水分を摂ることを控えているという方がいますが、夏日、真夏日が当たり前になってきたこの時期に水分の摂取を控えると気づかない間に脱水症になるかもしれません。

人間の身体の水分は、大人なら体重の60%、乳幼児なら70~80%の量があります。

これが保てないと脱水の症状がすすみ、めまいや立ちくらみ、そして頭痛・嘔吐、ひどい場合は意識障害まで起こってしまいます。

体内から出ていく水分は汗や尿、便、そして呼吸からも外へ出ています。

喉が渇いたり、尿量が少なくなったりすることも水分補給が必要なサインです。気がついたら水分を摂るようにしていきましょう!

体内から出ていく水分と言ってもただの水ではありません。なので、水をたくさん飲むだけではなく、塩分やミネラル(ナトリウムイオンやカリウムイオン、カルシウムイオンなど)を含むものを用意しておくと安心ですよ。

これらは筋肉や神経の状態にも影響を与えるので必ず摂るようにしましょう。

 

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443

 

交通事故

寒い日が終わったと思っていたらもうすぐゴールデンウイークですね!

 

患者さんとのお話でも家族サービスや旅行など車で遠くまで出かけるという方が多く、みなさんそれぞれに計画があるようで楽しみにされています。

 

気候もよくて外へ出かけたくなるこの時期は、交通量も増えるため渋滞に巻き込まれて眠気と戦いながら運転してしまったり、なれない道を長時間走って疲労感を感じながら運転したり、そんなことから交通事故も増えてしまいます。

 

時間や気持ちに余裕をもって安全運転しながらゴールデンウイークを楽しいものにしましょう!

 

また、自分は注意して安全運転していたのに事故に遭ってしまうということもあります。

当院では交通事故に対しての治療もしておりますので、そんな時にはご相談ください。

 

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443

予約優先制について

暖かくなり動きやすくなってきた反面、久しぶりに動いたら痛めた、何かしたら痛めた、という方が多くなり始めての方も増えてきました。

初めての患者様には問診や検査などに時間をかけていること、1人で施術していることで長い時間お待たせすることが多くなってきました。

 

そのため4月より予約優先制にさせていただきました。

 

・待ち時間が少なくなる

・終わる時間がわかると予定が立てやすい

・1日の時間を有効に使える

など、いつ終わるかわからないから次の予定が立てられない、次の予定に間に合うかな…という焦りや不安を解消してもらい、ゆっくりと気持ちよく受けていただいて、気持ちよく帰っていただくために予約優先制にしました。

 

優先制ですので直接来院されてもしっかり体を診させていただきます。

ただし、予約の方と重なればお待ちいただくことになりますので、電話で予約の空き状況を確認して頂くことをお勧めします。

お電話お待ちしています。

 

ファインストレッチ整骨院

0742-31-6443

基礎代謝を上げる

前回のところで、何もしなくても生命維持のために働いている基礎代謝がとても大切だということをわかっていただけたと思います。

 

その基礎代謝を上げるためにはどんなことが必要かを紹介していきます。

何が必要なのかというと筋肉の量を増やすことです

だからといっていきなり重いダンベルを使うなどの激しい運動をする必要はありません。

まずは使えていなかった筋肉を使えるようにするためストレッチから入るのが始めやすいでしょう。ストレッチで筋肉の柔軟性をだすことで血液の循環もよくなります。

そして簡単な運動といえばウォーキングです。少し胸を張って歩く、少し歩幅を広げる、軽く腕を振ってみるなどしてウォーキングをすると心肺機能が上がります。文字通り心臓や肺の働きもよくなり酸素を取り込める量も増えて細胞も活性化されていきます。

このように毎日でも出来る運動を続けていくと、平熱が上がる、体温が低い人でも上がりやすくなるなどエネルギー消費量も増えて基礎代謝が上がります。

しかし、せっかく毎日運動をして基礎代謝を上げているのに、暖房や冷房をきかせた部屋で長時間過ごすといったことをしていると、身体が自分で体温調整をする機会が少なくなり熱を作ろうとする機会も少なくなります。そのため21~23℃くらいで設定するのがよいと思います。

他にも少しでも基礎代謝を上げるためにできることと言えば、座る時当り前のようにすぐ背もたれにもたれるのではなく背中を離して筋肉を使って姿勢を維持してみる。もっと簡単なところで言えば、深呼吸をしたり腹式呼吸をしたりすることで意識しないと使えていない筋肉を動かしてみることです。

意識することは大事ですが激しい筋トレや運動ではなく、自分が毎日続けてできる運動から始めましょう。

体を動かすために使う筋肉には栄養が必要ですのでいろいろな種類の食べ物を1日の三食で摂りましょう。

 

代謝 新陳代謝

代謝とは、食べ物や飲み物などを体内に取り込んでその栄養素を使って身体を作る(合成)こと、体内のエネルギーを使って筋肉・脳・内臓など身体を働かせたりすることです。

 

新陳代謝というのは今ある古いものが新しいものに入れ替わっていくことをいいます。これは身体を作っていく、合成していく方の代謝です。

細胞が新しいものに生まれ変わるまでの期間は臓器・筋肉・皮膚・骨など場所によって違いますが、3ヵ月くらいですべての細胞が生まれ変わっています。

細胞が生まれ変わるという新陳代謝は人間の身体には必ず必要なものであり、この新陳代謝が正しく行われていなければ臓器・筋肉・皮膚・骨などの病気や体調不良になってしまいます。

その体内で起こっている大切な新陳代謝を上げるためにはビタミンB2を摂ることです。納豆、ほうれん草などありますが、よりよく代謝を上げていくには野菜、肉、魚など、なんでもよく食べること。偏りなくできるだけいろいろな種類のものを食べること。その中に、生姜やキムチなどを摂り入れると、汗もかくことが出来て血液の循環もよくなるといった効果もでてきます。

 

健康意識が高まり患者さんの中でも身体を維持するために散歩やストレッチをしたり、スポーツジムに通っているお話を聞かせてもらいます。

気持ちよく運動するためにも、病気をしないためにも偏食にならないよういろんな種類の食べ物を摂り入れましょう!