HOME > 交通事故・むち打ち症施術

当院は交通事故・むち打ち症の施術に自信があります。

 当院は、交通事故による「むち打ち」による症状の様々な臨床を重ね、最も研究に力を入れている施術分野となっています。
 これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃により、全身の身体のバランスが崩れてしまうことが分かっています。
 研究の結果分かったことは、何より早期の適切な施術開始が最も重要だということです。
交通事故は、体に掛かる負担がかなり大きく、適切な施術を行われない場合、後遺症に悩まされてしまう事例を数多く見てきました。
 当院は、まず、ケガの症状や事故の状況、その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人にあわせた施術を行っていきます。

 また、初診時に理想的な回数、診療間隔等を提案します。
「大したことはないけど少し心配」「吐き気がする」「めまいがする」「頭痛がする」「腰が痛くなっていきた」「膝が痛い」といった不調を感じられたら、お早めにご相談ください。むち打ち症状についてむち打ち(頚部捻挫)は交通事故による症状としては高い確率で発生します。むち打ちは、車で後ろから追突された場合、体は前に押し出されるにも関わらず、頭だけが残り、首が鞭の様しなる状態になるので「むち打ち」と呼ばれています。主な症状は首痛、肩痛、腰痛、頭痛、めまい、吐き気等です。 むちうち症と病院で診断されるものの殆どがこの頚椎捻挫型です。

 病院・整形外科でむち打ち症特有の症状を訴えても、レントゲンを撮ってみても「異常なし」と診断されたり、「シップを貼っておいてください」とか「痛みが強くなったら来院してください」と言われてしまうことがありますが、当院ではむち打ち症に最も効果を発揮する手技により、痛みや症状をやわらげ回復して行くのはもちろん、人間本来の正しい身体に戻す施術を行います。繰り返しになりますが、交通事故による後遺症を発症することは臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害を起こすことまでありますので、早期の適切な施術と、症状が完治するまで施術される事をお勧めします。

交通事故・むち打ち症施術の流れ

@病院・整形外科

病院・整形外科でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。

A当院へ

損保会社に整骨院での診療を希望する旨の連絡をお願いします。

B問診

詳しい症状・事故の状況をお聞きします。

E会計

自賠責保険が適用されたら、費用は発生しません。

Dカウンセリング
整形外科・レントゲン

C診療

交通事故の「むちうち症」の施術期間は約3〜6ヶ月間です。
早期の適切な施術にて症状が完治するまで、
できる限り来院される事をお勧めします。

交通事故・むち打ち症施術 Q&A

質問
施術費は?
応え
自賠責保険が適用となる場合は、窓口負担は発生しません。
質問
病院・整形外科と同時期に通えるのでしょか?
応え
交通事故の施術は、病院・整形外科に通いながら整骨院で診療を受けることが可能です。
質問
軽いけがなので病院で検査は受けていませんが・・・
応え
軽いケガだと決めつけず、病院でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。交通事故は時間が経ってから症状が出ることが多々あります。
当院では提携病院をご紹介することもできますのでご相談ください。
質問
自賠責保険を使う場合の手続きはややこしいのでしょうか?
応え
損保会社との交渉ややり取りはこちらでも代行しますのでお気軽にご相談ください。